スポンサーリンク

新海誠監督最新作『すずめの戸締まり』予告 – 11月11日(金)公開 – 7月16日(土)21:00からTwitter Spacesも

こんにちは、科特研キャップです。

いよいよ新海誠監督最新作『すずめの戸締まり』の予告編が公開さました。

やはり美しい〜!新海誠ワールド全開です。今回も前作同様「災害」がテーマであり、主人公はその災害からどうやって人々の命を守ることができるのか。その解決方法をアニメーションという空想の中で描いていくのか…が、ポイントになろうかと思っています。ある意味で新海誠流防災術の集大成。もちろん現実には災害を止める扉などというものは存在しないかもしれないけれど、私たちが次に迎える巨大災害をイメージしながら、今作をみることをお勧めします。

スポンサーリンク

『すずめの戸締まり』予告【11月11日(金)公開】

―扉の向こうには、すべての時間があった―
   
『君の名は。』『天気の子』の 新海誠監督 最新作
『すずめの戸締まり』11月11日(金)公開

<作品概要>
原作・脚本・監督:新海 誠
キャラクターデザイン:田中将賀
作画監督:土屋堅一
美術監督:丹治 匠
製作:「すずめの戸締まり」製作委員会
©2022「すずめの戸締まり」製作委員会

https://www.youtube.com/watch?v=F7nQ0VUAOXg
ニューヒロイン誕生秘話など 近況報告

あわせて読みたい

関連リンク

小説 すずめの戸締まり (角川文庫)
扉の向こうにはすべての時間があった。新海誠自らが綴る原作小説! 九州の静かな港町で叔母と暮らす17歳の少女、岩戸鈴芽。 ある日の登校中、美しい青年とすれ違った鈴芽は、「扉を探してるんだ」という彼を追って、山中の廃墟へと辿りつく。 しかしそこにあったのは、崩壊から取り残されたように、ぽつんとたたずむ古ぼけた白い扉だけ。 ...
すずめの戸締まり (角川つばさ文庫)
大ヒット映画「君の名は。」「天気の子」の新海誠監督の作品を小説で! 私の名前は鈴芽。17歳の高校生。 九州の静かな町で楽しく暮らしている。 ある日、旅をしているという見知らぬ青年が町に現れた。 「扉を探してるんだ」と言っていたけど、どういう意味…? 彼の後を追って山の中の廃墟に迷いこんだ私は、 古ぼけた扉を見つけた。 ...

コメント

タイトルとURLをコピーしました