スポンサーリンク

映画 シン・ウルトラマン (2021年公開) ビジュアル公開 – ずばり成田亨デザインを踏襲した樋口真嗣監督 企画・脚本の庵野秀明氏のコメントには成田亨氏•佐々木明氏のデザインへのオリジナル回帰が語られています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

こんにちは、科特研キャップです。

ツブコン初日、いよいよ樋口真嗣監督 / 企画・脚本庵野秀明の『シン・ウルトラマン』のビジュアルが公開されました。

デザインもずばり最初のウルトラマンをデザインした成田亨氏のオリジナルに忠実にしたウルトラマンの姿、しかもカラータイマーはありません。これは成田亨氏もカラータイマーはない方がいいとしていたことを踏襲したものだと思います。

まずはその姿をご覧ください。

スポンサーリンク

株式会社カラーのツィート

公式サイトでの庵野秀明氏のコメント

『シン・ウルトラマン』の「ウルトラマン」について 2019/12/11

成田亨氏の描いた『真実と正義と美の化身』を観た瞬間に感じた「この美しさを何とか映像にできないか」という想いが、今作のデザインコンセプトの原点でした。

我々が『ウルトラマン』というエポックな作品を今一度現代で描く際に、ウルトラマン自身の姿をどう描くのか。
その問題の答えは、自ずと決まっていました。
それは、成田亨氏の目指した本来の姿を描く。現在のCGでしか描けない、成田氏が望んでいたテイストの再現を目指す事です。
世界観を現代に再構成する事は挑戦出来てもあの姿を改める必要を感じ得ず、成田亨・佐々木明両氏の創作したオリジナルへの回帰しか、我々の求めるデザインコンセプトを見出せませんでした。

その為に---
『真実と正義と美の化身』と成田氏が当時から後年にかけて描いていた様々なウルトラマンのイメージを踏襲し融合し再構成させた新たな体表のライン。
成田氏が監修した、佐々木朗氏制作によるマスク。
成田氏が望んだ、古谷敏氏の体型データをベースとした体躯。
成田氏が望まなかった、眼の部分に覗き穴を入れない。
成田氏が望まなかった、スーツ着脱用ファスナーに伴う背鰭を付けない。
そして、成田氏が望まなかった、カラータイマーを付けない。

と、いう作業を行った結果が今回のデザインです。
ウルトラマンの美しさに、少しでも近づきたいという願いから生まれた姿です。

この想いが、わずかでも観客のみなさまに伝わる事が出来れば、幸いです。

企画・脚本 庵野秀明

(公式サイト https://shin-ultraman.jp/news/ より)




シン・ウルトラマンの姿

©2021「シン・ウルトラマン」製作委員会

発表の様子




あわせて読みたい

「シン・ウルトラマン」映画化決定!樋口真嗣 監督+庵野秀明 企画・脚本で2021年公開予定。斎藤工がハヤタシンに、西島秀俊がムラマツキャップに。長澤まさみは何役かな?&岡田斗司夫によるシン・ウルトラマンの予想を追加
 【映画『シン・ウルトラマン』最新情報】 「ウルトラマン」の歴史が動く、すべての人に贈るエンターテイメント『シン・ウルトラマン』製作決定!(円谷プロダクション) 円谷プロダクションの公式サイトにある『シン・ウルトラマン』に関する発表をみ...
エキストラ募集開始!シン・ウルトラマン (?) 訳あって作品名は言えない 樋口真嗣 監督/庵野秀明 脚本 作品。 - エキストラ参加のためのメルマガ登録がスタート!
こんにちは、科特研のキャップです。 先日、来年公開予定の『シン・ウルトラマン』の制作について正式に公表されましたが、その作品に出演する『ボランティアエキストラ』募集のためのメルマガ登録がスタートしたもようです。しかもロケ地候補に[おも...
「シン・ウルトラマン」樋口真嗣 監督/庵野秀明 企画・脚本作品のキャストが追加発表されたぞ。2021年の公開が楽しみすぎる。
こんにちは、科特研キャップです。 2021年公開予定の 樋口真嗣&庵野秀明による『シン・ウルトラマン』(この題名になるかは実はまだ不明)の新しいキャストが発表されました。 これまでに公開されたキャスト 斎藤工 長澤まさみ ...

【リンク】




コメント

  1. […] […]

  2. […] […]

  3. […] […]

  4. […] […]

  5. […] […]

タイトルとURLをコピーしました