スポンサーリンク

『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』12月20日(金)日米同時公開 – 特別映像には 旧三部作 新三部作 続三部作の各シーンを回想させてくれる編集がすごいのです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

こんにちは、科特研キャップです。

映画『スターウォーズ』シリーズも、今年12月のエピソード9で一区切り。最新の特別映像が上がってましたので、みなさんと一緒に見たいと思います。

特別映像

スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望(1977)

冒頭は、二つの太陽に照らされる惑星タトゥイーンの夕暮れ。若き日のルーク・スカイウォーカーがそれを眺めています。

その惑星に住む年老いたベン・ケノービこと、オビ=ワン・ケノービ。

そして、宇宙一高速な宇宙船ミレニアム・ファルコン号

若き日のレイア姫、ハン・ソロ、C-3POとR2-D2

デススターを脱出したミレニアムファルコン号とXウィング

歓声で迎えるレイア姫とルーク・スカイウォーカー

反乱軍一同が見守る中でレイア姫から勲章をもらうルーク、ソロ、チューバッカの3人

スター・ウォーズ エピソード5/帝国の逆襲(1980)

氷の惑星ホスとAT-AT

宇宙船デッキのダース・ベイダー

賞金稼ぎのボバ・フェット

レイアとハン・ソロのキスシーンであるが、この後ハン・ソロはカーボン冷凍されてしまう

絶体絶命のルークとダースベーダー。あの名セリフのシーン

スター・ウォーズ エピソード6/ジェダイの帰還 (1983)

ヨーダ

ルークスカイウォーカーがライトセーバーを交わすその向こうにシスの笑い顔

ミレニアムファルコン号を操縦するランド・カルリジアン

デススターを背景に帝国軍との乱戦

スター・ウォーズ エピソード1/ファントム・メナス (1999)

ルーク、ダースモール、若き日のオビ=ワン・ケノービとクワイ=ガン・ジン

幼いアナキン・スカイウォーカーと母シミ・スカイウォーカー

スター・ウォーズ エピソード2/クローンの攻撃 (2002)

成長したアナキン・スカイウォーカーと最愛のパドメ・アミダラ

ジェダイのメイス・ウィンドウ

帝国軍の手術台のうえにいる火傷をおったアナキン・スカイウォーカー(ダース・ベイダー改造手術台)

スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐 (2005)

パルパティーンは銀河帝国皇帝を名乗る

スター・ウォーズ/フォースの覚醒 (2015)

カイロレンのマスク、ダース・ベイダーのマスク(いちじるしく変形)

スター・ウォーズ/最後のジェダイ(2017)

レイアとハン・ソロの再開

レン、泣き顔で登場

レンの手をとるマズ・カナタ(手のみ)、BB-8のアンテナ

ハン・ソロ(後ろ姿)とカイロ・レン(父と子の再開)

フィン、すたこら走るBB-8

カイロ・レン(赤いライトセイバー)

ルーク・スカイウォーカーとレイア・オーガナの再開

突っ走るXウィング

ライトセイバーを持つレイ

ター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け (2019)

[この冬]

レイ、ポー、フィン、チューバッカ、C-3PO

レイア

[時代を超えた物語は-]

反乱軍のXウィング(いっぱい)と、帝国軍の戦艦(たくさん)

フィンと女性キャラ

[完結へ]

赤い目のC-3PO(?)

強力なエネルギー光線が地表を粉砕

レイのライトセイバー修行

歩いてくるカイロ・レン

レイとカイロ・レンの戦い

[間もなく終わる]

そして…レイの赤いライトセイバー(両刀):ダークサイドに堕ちてしまったのか…。


ということで12月が待ち遠しいですね。

それと、この旧三部作(オリジナル・トリロジー)、新三部作(プリクエル・トリロジー)、続三部作(シークエル・トリロジー)完結の後のスターウォーズシリーズも気になるところ。2022年、2024年、2026年のそれぞれのクリスマス前に全く新しいスターウォーズシリーズを見ることができるかもね。




J.J.エイブラムスコメント付き特報


【リンク】

タイトルとURLをコピーしました