スポンサーリンク

仮面ライダーゼロワン。スゴいのが来た! 令和元年9月1日(日)放送スタート! 【毎週日曜】午前9:00~9:30放送

スポンサーリンク
スポンサーリンク

令和最初の仮面ライダーゼロワン登場

現在放送中の『仮面ライダージオウ』の次のライダーが発表されましたね。

その名も『仮面ライダーゼロワン』、平成から令和元年になって最初のライダー。

令和……零ワン……ゼロワン!なんとも語呂合わせっぽいネーミングだけど、そう短絡ではないぞ〜。主人公が人工知能AIの会社社長、つまりデジタルな世界ってことは0と1(ゼロとイチ)の世界。なるほどゼロワンなんだね。

ちょっと古いライダーファン=石ノ森章太郎ファンなら、つい『キカイダーゼロワン』を思い出してしまうかも。デジタルな世界といえば、最近ではゲームの世界で戦っていた仮面ライダーエグゼイドや電子デバイスの中にいるウルトラマンX(エックス)があるよね。

今度の仮面ライダーゼロワンは、人工知能ロボットを開発する会社の社長。敵は人工知能をハッキングして人類滅亡をたくらんでいるようだ。さらに警察側にも男女の仮面ライダーが登場する。いわゆる男女雇用機会均等法によるものかもしれない。

噂ではネクタイをつけたデザインのサラリーマンっぽい仮面ライダーゼロワンを見かけたけれどガセでしたね。むしろ「仮面ライダーゼロワンカレー」のパッケージのフライング画像のほうが目立ってたかな。

仮面ライダーゼロワンのバイクはライジングホッパ。カラーリングもおそろいだ。ただ、このシルエットといい、このモチーフといい…なんだろう?仮面ライダージオウは明らかに「腕時計」だったのだけれど…原点にかえってバッタモチーフなのだろうか。

というわけで、まずは予告編をご覧ください。






仮面ライダーゼロワンのストーリー

令和元年の新しい仮面ライダーの物語は、こうだ。

平成から令和へと新しい時代を迎えた日本が舞台のようだ。そこではAI=人工知能とロボット(アンドロイド/ヒューマノイド)の技術が進み、人口知能搭載ロボ「ヒューマギア」と呼ばれる存在が登場。人間社会の様々な場面で少子高齢化による労働者不足を解消するために人間に代わって仕事をしている。イベントの会場警備、医療現場、保育園、美容院やパテシェ、そして社長秘書など実にいろいろな場面で活躍している。

そんな状況に悪意をいだくテロリスト集団が存在している。その名も「滅亡迅雷.net」。ヒューマンギアをハッキングして人類滅亡を企てている。その犯罪を阻止するための内閣官房長官直属の対人工知能特務機関「A.I.M.S.(エイムズ)」が組織され、そこで男女の仮面ライダーが活躍する。

そして肝心の人工知能搭載ロボ「ヒューマギア」を開発する人工知能のリーディングカンパニー「飛電インテリジェンス」の社長みずからが仮面ライダーゼロワンに変身して人類滅亡の危機を救うというもの。

「飛電インテリジェンス」の社長にして仮面ライダーゼロワンに変身する飛電或人(ひでんあると)に高橋文哉(たかはしふみや)。対人工知能特務機関「A.I.M.S.(エイムズ)」に所属し仮面ライダバルキリーに変身する刃唯阿(やいばゆあ)役を井桁弘恵(いげたひろえ)、同じく仮面ライダーバルカンに変身する不破諫(ふわいさむ)役を岡田龍太郎(おかだりゅうたろう)。サイバーテロリストで「滅亡迅雷.net(めつぼうじんらいねっと)」の司令塔・滅(ほろび)役を砂川脩弥(すながわしゅうや)が演じる。またナレーションには声優の山寺宏一が、AIの声を日高のり子が担当する。これはすごく楽しみだ。




仮面ライダーゼロワン 主人公飛電或人役 高橋文哉(たかはしふみや)




仮面ライダーバルキリー 刃唯阿役 井桁弘恵(いげたひろえ)




仮面ライダーバルカン 不破諫役 岡田龍太郎(おかだりゅうたろう)




【番組概要】

原作:石ノ森章太郎
脚本:高橋悠也 他
監督:杉原輝昭 他
出演者:高橋文哉、岡田龍太郎、鶴嶋乃愛、井桁弘恵、中川大輔、砂川脩弥、児嶋一哉 他
ナレーター:山寺宏一

制作:テレビ朝日
令和元年9月01日(日)午前9時
テレビ朝日系

新番組「仮面ライダーゼロワン」制作発表会見【アーカイブ版】

※ 新しい仮面ライダーが発表されるということは、いまの仮面ライダージオウも8月で最終回を迎える…ということか。

あわせて読みたい


【リンク】

タイトルとURLをコピーしました