スポンサーリンク

そんなにセブンガーを好きになったのか、科特研キャップ。 – セブンガー沼にハマる昭和生まれ男子がセブンガーに何をみたのか。

みなさんこんにちは、科特研キャップです。

シン・ウルトラマンのキャッチフレーズ「そんなに人間を好きになったのか、ウルトラマン」をもじってタイトルにしてみました。

それにしても、科特研キャップとしては「ウルトラマンZ」で復活したセブンガーが大のお気に入りになってしまいまして、ウルトラ怪獣シリーズのソフビをはじめ、あれやこれやと購入しております。

スポンサーリンク

セブンガーの魅力とは何かを、あらためて考える

セブンガー(この場合のセブンガーはウルトラマンZに登場したストレイジの特殊空挺機甲1号セブンガーをさす)はの魅力はなんといってもそのスタイルに対する強さのギャップ。いや違うな…それは結果論でしかなく、本質は地球人類が、怪獣災害から自らを守るために叡智を結集して作り上げたところだろう。まぁところどころ発掘されたグルジオライデンを解析して…というところもありますが。

科特研キャップはアニメ特撮好きである一方で実は自然災害に対する防災にも関心があったりするのですが、自然災害を怪獣に置き換えて空想を広げると、現在の人類には「地球防衛チーム」は存在していない。自然災害に蹂躙されたのちの被害者・要救助者を助ける組織は自衛隊や消防・警察、災害ボランティアなどは存在していても、怪獣と直接戦う位置にあるべき自然災害と戦う組織は存在していないのが現状。実社会でそんなことを言えば「自然災害は地球の意思、人間ごときがとやかくできるものではない!」と鼻で笑われるのhがオチだが、空想科学の世界でなら怪獣と戦うチームのように自然災害と戦うチームがあってもいいんじゃないかな…なんて思ってる。

セブンガーに話を戻せば、人類が自らの叡智で生命と財産を奪う脅威から守るために開発した装備であり、一人でも多くの命絵お守りたい…という想いの中で生まれた機械。それが特空機であると思うのです。

寸胴のボディにジャバラの関節。飛び出した目(の機能を持っているのかは不明だが表情の見える化にはなっている。その後に登場する特空機2号ウインダムのスタイリッシュな姿に対してセブンガーは限られたスペックの中で精一杯頑張っている姿に見えるのだ。

特空機2号のウインダム、3号は宇宙人から回収したキングジョーを改造したキングジョーストレイジカスタム(キングジョーSC)、さらに強力な力を求めた人類の愚かさを示した4号機ウルトロイドゼロなどと比較すると、最後の最後、ここぞという場面で大活躍するセブンガーは、やはり人類の身の丈の最高装備なのかもしれない。

さらに物語は「セブンガーファイト」に受け継がれ、たぶん特空機5号として開発された「宇宙セブンガー」が登場。見た目はセブンガーにホースを巻いただけのようにも見えるがオオタユカの言葉を借りれば「キングジョーからフィードバックして見た目は同じでも中身は別物!」と言わしめるほどのスペックを持つようになったもよう。

セブンガー(ウルトラ怪獣シリーズ ソフビ)

ミニプラ 特空機1号セブンガー

ミニプラ 特空機1号セブンガーは、名前のとおりプラモデルなのですが、なんとなんと「食玩」なんですね。ガムがひとつ入ってました。

パーツは基本的に着色済みです。できればニッパーがあると部品をキレイに切り離すことができますが、指の力だけでも切り離すことはできます(あまりお勧めはしませんが…)。

組み立ても比較的簡単でした。およそ30分くらいで組み立て完了。

それにしても間接がよくできていて、これでもか!というくらい自由にポージングができます。

欠点としては足をひらきすぎると、パンツ(腰回り)が離れやすいかな。側面の写真の足の付け根あたりをみていただくとわかるかと思います。

それにしても、つい「硬芯鉄拳弾」のポーズを取らせたくなりますよね。

光る!鳴る!特空機1号セブンガー

光る!鳴る!特空機1号セブンガーは、なんといってもその音の数がすごい!

音声リストをみるだけでも楽しですが、実際に鳴らしてみると番組さながらのハルキとヨウコそしてヘビクラ隊長の声が出てきてもう胸熱ですよ。

さらに、セブンガーの動作音として「足音」「鳴き声(鳴き声だったのか!)」「攻撃音」そして「硬芯鉄拳弾」の発射音が入っている!

しかもこれでもか!という感じでBGMが入っているのですよ。ウルトラマンZはいまだ「サウンドトラック」が発売されていません。あのストレイジのワンダバも含めて、BGMが3曲入ってます(M24、M25、M26)。いつの日か『ウルトラマンZ サウンドトラック』が発売されるまでは、この光る!鳴る!特空機1号セブンガーが唯一のストレイジワンダバを再生してくれる存在なのです。

S.H.Figuarts 対怪獣特殊空挺機甲1号機 セブンガー

すでに予約済み。6月には手元に届くとおもいますので、届き次第また記事にしていきたいと思います。それにして、セブンガーがS.H.Figuartsで発売されるなど、いったい誰が予想したでしょうか。

セブンガー グッズ

すでに手元にあるセブンガーグッズとして、こちらのエコバッグを入手済み。ほぼ日常使いでコンビニのお弁当やスーパーでのお買い物に使っています…が、いまだにスーパーなどで子供たちに「セブンガーだ!」って言われないのが…ちょっと残念ではあります。

セブンガーファイト

ウルトラサブスク「TSUBURAYA IMAGINATION」で配信がはじまった『セブンガーファイト』も楽しく視聴しております。かつての『ウルトラファイト』スタイルではあるのですが、ストーリーはちゃんと『ウルトラマンZ』の最終回から続いている話なのですね。

ストレイジが解散してどこかに行ってしまったヘビクラ隊長ことジャグラス ジャグラーが元隊長として登場したり、ウルトラマンZといっしょに宇宙に行ってしまったハルキもまた、ウルトラマンZの赤いベータスマッシュとして再開したり。なによりセブンガーそのものもキングジョーSCのデータをベースに『宇宙セブンガー』として登場したり…と、物語は続いており、さらにこのあと小学館の『てれびくん』から発売が予定されている『ウルトラマンZ完全超全集ストレイジBOX』には、セブンガーファイトの8~10話が収録されているDVDや、その10話に登場する夕陽のセブンガーが付録でつくなど、なんだかもうすごいことになってるセブンガー沼!

新・特撮短篇シリーズ『セブンガーファイト』がウルトラサブスク「TSUBURAYA IMAGINATION」で配信開始!

ウルトラマンZ完全超全集 & ウルトラマンZ完全超全集ストレイジBOX | てれびくんさん
これはウルトラすごいです!ウルトラマンZ完全超全集ストレイジBOX いよいよ申し込み受付中!

セブンガー開発秘話/ストレイジ誕生秘話

さらにその、ウルトラサブスク「TSUBURAYA IMAGINATION」には、セブンガー開発秘話というかストレイジ誕生秘話となる物語も小説として配信されており、クリヤマ長官とバコさんことイナバコジロー整備班長が登場する物語があり、セブンガーが完成するまえにひとりの優秀なパイロットが殉職していたりするなど、開発期待の7号機目として完成に至った対怪獣特殊空挺機甲1号機の開発秘話と、ストレイジの創設物語もまた、セブンガー沼にはまる一因でもあったりします。

『擲命(てきめい)のデシジョン・ハイト ―ストレイジ創設物語―』 前編/後編

著者:小柳啓伍 原案・監修:田口清隆

このYouTube動画も見てね!

というわけで、科特研キャップが作った動画もよかったら見てください!

関連リンク

コメント

  1. […] […]

タイトルとURLをコピーしました