スポンサーリンク

マーベル・スタジオ『シークレット・インベージョン』|予告編 – S.H.I.E.L.D.(シールド)の元長官ニック・フューリーが主役の物語 – ディズニープラスにて2023年配信予定。

アベンジャーズの創設者であるニック・フューリーが挑む、マーベル史上最大の”シークレット”な任務とは…?
「私だけだ。奴らが狙うものを守れる者は――」

元軍人で、国際平和維持組織S.H.I.E.L.D.(シールド)の元長官、ニック・フューリー。
アイアンマン、キャプテン・アメリカらをアベンジャーズへと導き、“アベンジャーズの影のリーダー”と言っても過言ではない存在。
そんなMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)に欠かせない男が、MCUの壮大な歴史の裏で長年立ち向かってきた、地球外からの“インベージョン(侵略)”の阻止に挑んでいく。
侵略を企てるのは、『キャプテン・マーベル』にも登場した、あらゆる人物に“擬態”する能力のある種族のスクラル人。
これまでも、その厄介な能力で周囲を翻弄してきた彼らが今回も暗躍し、誰が敵で誰が味方なのか全くわからない、マーベル作品としては異色の緊張感あふれるスリラー超大作がついにベールを脱ぐ。

おなじみのキャラクター達も登場。アイアンマンの友人でアベンジャーズメンバーでもある軍人、ウォーマシン=ジェームズ・“ローディ”・ローズ(演:ドン・チードル)や、以前はフューリーらと敵対していたが、今や彼を手助けする存在のスクラル人、タロス(演:ベン・メンデルソーン)、『ブラックパンサー/ワカンダ・フォーエバー』にも登場するとされるCIAエージェント、ロス(演:マーティン・フリーマン)がフューリーの戦いに加わる。
しかし、もしかしたら彼らの中に、スクラル人が擬態した“ニセモノ”がいるかもしれない…。信じられる者など、果たして存在するのか――?

https://www.youtube.com/watch?v=BN-hiqeTlc8
スポンサーリンク

あわせて読みたい

関連リンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました