出渕裕(「宇宙戦艦ヤマト2199」総監督)、辻壮一(ATAC研究員) トークショー。2019年9月12日(木)HMV&BOOKS HIBIYA COTTAGE(日比谷シャンテ3階)で開催

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

こんにちは、科特研のキャップです。

当科学特撮研究会も応援している特定非営利活動法人アニメ特撮アーカイブ機構(通称ATAC/庵野秀明理事長)と、日比谷ブロードウェイ大学とのコラボレーションによる講座/トークショーが開催されます。

 

出渕裕(「宇宙戦艦ヤマト2199」総監督)、辻壮一(ATAC研究員)トークショー

日比谷ブロードウェイ大学×ATAC アニメ再入門講座 第1回 「宇宙戦艦ヤマト」

<開催概要>
日程:2019年9月12日(木)
場所:HMV&BOOKS HIBIYA COTTAGE @日比谷シャンテ3階
時間: 18:00~20:00
出演者:出渕裕(「宇宙戦艦ヤマト2199」総監督)、辻壮一(ATAC研究員)
内容:トークショー、質疑応答
料金:無料(事前に入場整理券を配布、入場整理番号順の入場)

入場整理券は、8月20日(火)から店頭での配布のみだそうです。

【イベント内容の問い合わせ先】
HMV&BOOKS HIBIYA COTTAGE(日比谷コテージ)
住所:〒100-0006 東京都千代田区有楽町1-2-2 日比谷シャンテ 3F
電話番号:03-5157-1900
営業時間:11:00~20:00
アクセス:JR山手線「有楽町駅」日比谷口より徒歩5分
東京メトロ日比谷線「日比谷駅」A4/A5出口より徒歩2分

出渕裕(いずぶちゆたか)

1958年東京生まれ。アニメ作品におけるメカニックデザイナー、特撮作品におけるキャラクターデザイナーをはじめ、アニメ監督、イラストレーター、漫画家など多彩なクリエイター。代表作としての『宇宙戦艦ヤマト2199』の他にも、ガンダムシリーズやゆうきまさみ原作の『機動警察パトレイバー』におけるメカニックデザインを担当。東放学園映画専門学校でアニメーション映像科の講師として「キャラクター表現ゼミ」を開催している。

( https://ja.wikipedia.org/wiki/出渕裕 より抜粋)

 

NPO法人アニメ特撮アーカイブ機構(ATAC)

アニメと特撮の文化を後世に遺し、継承していくことを目的に、2017年6月に設立した特定非営利活動法人(NPO法人)。アニメや特撮に関する様々な資料を保全し、これらを活用した普及啓発を行い、アニメと特撮の文化を継承するアーカイブ活動を推進。2020年度には福島県須賀川市に、須賀川市による特撮アーカイブセンターが開設される。

ただいま、寄付サポータを募集中 https://atac.or.jp/donation/

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました